HOGAKU JOURNAL 邦楽ジャーナル

※このページでは、「邦楽ジャーナル」が提供しているサービスを紹介をしています。

 邦楽ジャーナルでは、日本の古典音楽、民俗芸能、和楽器を使ったジャズ、ポップス、ロックなどを扱った月刊情報誌 「邦楽ジャーナル」や楽譜・単行本などの発行、CDやDVD・関連書籍の通信販売「純邦楽CDショップHOW」の運営、 ワークショップやイベントの企画・制作などを手掛けております。

月刊情報誌「邦楽ジャーナル」

箏(こと)、尺八(しゃくはち)、三味線(しゃみせん)、太鼓、etc.の情報満載!画像に含まれている可能性があるもの:1人、テキスト

1.コンサート、ワークショップ、テレビ、ラジオの最新情報
2.新譜・新刊紹介
3.演奏家が語る「私のこだわり」
4.邦楽のイマを切り取るレポート
5.邦楽の世界に詳しくなる連載[Report]

 

2019年8月号(2019 Vol.391)

[主な特集記事]

  • 【新連載】(新)目から鱗の尺八上達術1-教材に必要な条件<三塚幸彦>
  • 【特集】尺八コレクション!その2
  • 【インタビュー】吉住小三代
  • 【編曲楽譜】「夏は来ぬ」(箏二重奏)<小山作之助作曲・高橋久美子編曲>

[尺八に関する主な記事]

  • 【新連載】(新)目から鱗の尺八上達術1 ~あなたの努力は報われていますか?・・・尺八演奏家(遠TONE音)であり尺八職人(泉州尺八工房)でもある三塚幸彦が2014年まで本誌に連載した尺八上達術の続編。今月号から12回にわたり連載します。尺八を知り尽くした三塚幸彦が、感覚的ではなく、あくまでも科学的に合理的に尺八の上達術をわかりやすく解説します。
  •  【特集】尺八コレクション!(その2)
    • ここにあった!尺八の名管、古管~どんな人がどういう思いでどんな尺八を集めたのか(小菅大徹さん、前島竹堂さん、神田可遊さん)
  • 尺八の名工房18・桑原仙山さん
  • 宮城道雄の何が凄い!? 尺八作品 13 <藤原道山> 道灌(下)
    ~尺八が入った宮城道雄作品を毎回1曲取り上げ、その曲の魅力や、他楽器と尺八の関係、どのように演奏したら曲が生きるのかなどを、尺八演奏家の視点で藤原道山氏が紹介します。

箏、尺八、三味線、太鼓などのCD・DVD・書籍・楽譜2,000タイトルを販売。 日本一の品揃え!

Pexels / Pixabay